本年度の光産業技術シンポジウムは、「見えない世界を切り拓く光イメージング・センシング技術」をテーマとして開催いたします。イメージング・センシングに関わる光技術は、AI、IoTとも融合しこれまで見えなかったものを捉えることにより未来社会を築き、我が国の産業を牽引するイノベーションを生み出すきっかけとして期待されています。それぞれの講演では、各分野のエキスパートとともに、光技術と光産業の進むべき方向をご議論頂きたく、関係各位の積極的なご参加をお待ちしております。

日時

2020年 2月19日(水) 10: 00 〜 19: 00

場所

リーガロイヤルホテル東京 3階 ロイヤルホール http://www.rihga.co.jp/tokyo/access/index.html
東京都新宿区戸塚町1-104-19    TEL: 03-5285-1121

主催

一般財団法人光産業技術振興協会・技術研究組合光電子融合基盤技術研究所

後援

経済産業省(予定)

プログラム(PDF)

10:00-10:05開会挨拶一般財団法人
光産業技術振興協会
副理事長
兼専務理事
 小谷 泰久
10:05-10:15来賓挨拶経済産業省 商務情報政策局
情報産業課
課長
 菊川 人吾
10:15-11:15基調講演:
イベント・ホライズン・テレスコープによるブラックホールシャドウ初撮影
国立天文台
水沢VLBI観測所
助教
 秦 和弘
11:15-12:00センシング技術が創る未来社会 国立研究開発法人 産業技術総合研究所
センシングシステム研究センター
副研究センター長
 藤巻 真
13:00-13:45内視鏡イメージング技術の新展開オリンパス株式会社
CTO統括室 イノベーション推進,グローバル
 五十嵐 誠
13:45-14:30光センシング技術ロードマップ
−Seeing the Unseen−
東京大学 大学院工学系研究科
電気系工学専攻
准教授
 小関 泰之
14:45-15:30スーパーコンピュータの動向と富岳について富士通株式会社
プラットホーム開発本部 システム開発統括部
シニアアーキテクト
 安島 雄一郎
15:30-16:15 超低消費電力型光エレクトロニクス実装システム技術開発
−5Gネットワーク向け超小型光トランシーバー−
技術研究組合
光電子融合基盤技術研究所
情報通信システム化
テーマリーダー
 八重樫 浩樹
16:20-17:00 2019年度 櫻井健二郎氏記念賞 表彰式
17:00-19:00懇談会
 ロイヤルホール(Ⅱ)


参加費

定員

申込方法・期間

以下のフォームよりお申し込みください。

申込締切 2020年 2月 17日(月)
定員になり次第、締め切らせていただきます。

問合せ先

一般財団法人光産業技術振興協会 光産業技術シンポジウム事務局(中野・鈴木)

〒112-0014 東京都文京区関口1-20-10 住友江戸川橋駅前ビル7階
TEL:03-5225-6431(代表)

ページのトップへ戻る