本年度の光産業技術シンポジウムは、「AI・IoT時代を支えるフォトニクス技術」を テーマとして開催いたします。
 近年、AI、IoT、ビッグデータなどが急進展する社会において、光技術の発展はそれらを支える基盤技術として、また我が国の産業や社会を牽引する重要なイノベーションを生み出すきっかけとして期待されています。本シンポジウムでは、AIを指向したスーパーコンピュータ、機械学習プラットフォーム、トリリオンIoT、AI・IoT時代の光技術戦略およびAI・IoTに活用できる超小型シリフォト・トランシーバについて、各分野のエキスパートにご紹介頂き、我が国の光産業と光技術の進むべき方向をご議論いただく場といたします。
 関係各位の積極的なご参加をお待ちしております。

日時

平成30年 (2018年) 2月7日(水) 10: 00 〜 19: 00

場所

リーガロイヤルホテル東京 3階 ロイヤルホール http://www.rihga.co.jp/tokyo/access/index.html
東京都新宿区戸塚町1-104-19    TEL: 03-5285-1121

主催

一般財団法人光産業技術振興協会・技術研究組合光電子融合基盤技術研究所

後援

経済産業省(予定)

プログラム(PDF)

10:00-10:05開会挨拶一般財団法人
光産業技術振興協会
副理事長
兼専務理事
 小谷 泰久
10:05-10:15来賓挨拶経済産業省 商務情報政策局
情報産業課
課長
 成田 達治
10:15-11:15基調講演:
AIを指向したスーパーコンピュータTSUBAME3およびABCIと光技術への期待
東京工業大学
学術国際情報センター
教授
 松岡 聡
11:15-12:00Google がめざす、誰もが使える機械学習プラットフォーム Google Inc. Staff Development Advocate, Cloud Platform  佐藤 一憲
13:00-13:45トリリオンIoT、エッジコンピュータ、標準化先端動向新世代IoT/M2Mコンソーシアム理事
 木下 泰三
13:45-14:30AI・IoT時代の基盤としての光技術戦略東京大学 大学院工学系研究科
電気系工学専攻
准教授
 竹中 充
14:45-15:30超小型シリフォト・トランシーバ“光I/Oコア”が切拓く光新市場アイオーコア株式会社代表取締役社長
 藤田 友之
15:30-16:15 超低消費電力型光エレクトロニクス実装システム技術開発 〜CPU間光インターコネクトに向けた小型・大容量光伝送 技術研究組合
光電子融合基盤技術研究所
テーマリーダー
 関口 茂昭
16:20-17:00 平成29年度 櫻井健二郎氏記念賞 表彰式
  ロイヤルホール(Ⅰ)
17:00-19:00懇談会
 ロイヤルホール(Ⅱ)


参加費

定員

申込方法・期間

以下のフォームよりお申し込みください。

申込締切 平成30年(2018年)2月 5日(月)
定員になり次第、締め切らせていただきます。

参加費・支払方法

当日現金でお支払いいただくか、2月 5日までに下記銀行へお振込み下さい。
三井住友銀行 東京公務部 普通預金口座 10559
ザイ)ヒカリサンギョウギジュツシンコウキョウカイ

問合せ先

一般財団法人光産業技術振興協会 光産業技術シンポジウム事務局(中野・吉川)

〒112-0014 東京都文京区関口1-20-10 住友江戸川橋駅前ビル7階
TEL:03-5225-6431(代表)

ページのトップへ戻る