本年度の光産業技術シンポジウムは、「超情報化社会を切り拓く革新的フォトニクス」をテーマに、一般財団法人光産業技術振興協 会と技術研究組合光電子融合基盤技術研究所の共催で開催いたします。

 光ユーザインタフェースを用いた超情報化社会の実現に向け、フォトニクス技術は新たなイノベーションを生み出すきっかけとし て期待されており、特に日本発の技術により、我が国のなお一層の国際競争力向上の戦略としても推進されています。その最先端動 向を各分野の第一人者やエキスパートにご紹介頂き、我が国の光技術と光産業の進むべき方向をご議論いただく場といたします。

 関係各位の積極的なご参加をお待ちしております。

日時

平成26年 (2014年) 2月13日(木) 10: 00 ~ 19: 00

場所

リーガロイヤルホテル東京 3階 ロイヤルホール http://www.rihga.co.jp/tokyo/access/index.html
東京都新宿区戸塚町1-104-19    TEL: 03-5285-1121

主催

一般財団法人光産業技術振興協会・技術研究組合光電子融合基盤技術研究所

後援

経済産業省

プログラム(PDF)

10:00-10:05挨拶光産業技術振興協会専務理事
 小谷 泰久
10:05-10:15来賓挨拶経済産業省
商務情報政策局 情報通信機器課
課長
 荒井 勝喜
10:15-11:00「代替現実システムとその可能性」独立行政法人理化学研究所
脳科学総合研究センター
適応知性研究
チームリーダー
 藤井 直敬
11:00-11:45「将来の立体テレビ実現に向けた技術開発」NHK放送技術研究所
立体映像研究部
研究主幹
 清水 直樹
11:45-12:30「車載用ステレオカメラの開発
(衝突しない自動車から自動運転へ)」
東京工業大学
放射線総合センター
准教授
 実吉 敬二
13:30-14:15「光テクノロジーロードマップ
-光ユーザインタフェース-」
日本電信電話株式会社
NTTメディアインテリジェンス研究所
画像メディアプロジェクト
高臨場映像通信技術G
主任研究員
 髙田 英明
14:15-15:00「最先端研究開発支援プログラム
“フォトニクス・エレクトロニクス
融合システム基盤技術(PECST)開発”」
技術研究組合
光電子融合基盤技術研究所
共同研究者
 中村 隆宏
15:20-16:05「超低消費電力型
光エレクトロニクス実装技術
-光集積デバイス開発を中心に-」
技術研究組合
光電子融合基盤技術研究所
サブプロジェクト
リーダー
集積デバイス技術統括
 森戸 健
16:10-16:50平成25年度 櫻井健二郎氏記念賞
 表彰式 ロイヤルホール(Ⅰ)
17:00-19:00懇談会 ロイヤルホール(Ⅱ)


参加費

定員

申込方法・期間

下記URLよりお申し込みください。
http://www.oitda.or.jp/main/symp/symp13_postmail.html

申込締切 平成26年(2014年)1月31日(金)
定員になり次第、締め切らせていただきます。

参加費・支払方法

当日現金でお支払いいただくか、1月末日までに下記銀行へお振込み下さい。
三井住友銀行 東京公務部 普通預金口座 10559
ザイ)ヒカリサンギョウギジュツシンコウキョウカイ

問合せ先

一般財団法人光産業技術振興協会 光産業技術シンポジウム事務局(中野、鈴木)

〒112-0014 東京都文京区関口1-20-10 住友江戸川橋駅前ビル7階
TEL:03-5225-6431(代表)
Email:symp2013@oitda.or.jp

ページのトップへ戻る