光産業技術マンスリーセミナー

*** 2022プログラム紹介 ***

No.
開催日
講演テーマ / 講師
No.467

4/26
(火)

「1波長あたり秒速1テラビットを超える光通信の実現に向けた信号処理技術」

富士通 フォトニクス事業本部 先行技術開発室
 小金井 洋平 氏
(内容)
   近い将来、デジタルコヒーレント技術を用いた光通信では1波長あたり1Tbpsを超える伝送速度が実用化を迎える時代となりつつある。送受信する信号の処理速度が向上するのに伴い、実装的な構造の複雑化や消費電力の増大を抑制することが課題となってくるが、本講演ではそのような課題を克服するために用いられる信号処理技術について着目し、関連する研究開発の動向を紹介する。まず、デジタル領域における信号処理として誤り訂正符号などを含めた符号化技術の進歩について解説する。また、デジタルとアナログの境界領域、及び光領域における信号処理を応用した技術に関する最新の研究成果についても紹介する。
No.468

5/17
(火)

「IOWN時代を担う光半導体デバイス技術の最新動向」

古河電気工業株式会社 情報通信ソリューション統括部門
 主幹吉田 順自 氏
(内容)
   ネットワークから端末まであらゆる情報処理基盤に光技術を取り込んだIOWN構想ではエネルギー効率が高く情報の伝送処理速度の速い光技術が要求される。本セミナーでは、光電融合・IOWN時代を担う光半導体デバイスの技術動向に関する報告を行う。特に、デジタルコヒーレント通信を支えている光ファイバ増幅器用励起光源、および波長可変レーザの進展、光トランシーバーの小型化に必要となる光集積デバイス、データセンターに用いられるネットワーク機器での最重要課題である高速化、低消費電力を解決するための光電融合に向けた取り組みにといった4つのトピックスに関する報告を行う。
No.469

6/21
(火)

「シリコンフォトニクスによる光トランシーバの集積化・高密度化の進展と課題」

アイオーコア株式会社
 光技術統括部長中村 隆宏 氏
(内容)
   ICTを支えるデータセンタでは、年々、IPトラフィックが増大し、サーバ間の通信量が増大している。このため、サーバ間を通信する光トランシーバの容量も年々増大し、2025年頃には1Tbps近くが必要になる。これらの次世代大容量トランシーバに向けたシリコンフォトニクスによる光トランシーバの集積化・高密度化の進展と課題に関してPETRAの「超低消費電力型光エレクトロニクス実装システム技術開発」の成果も含めて紹介する。
No.470

7/19
(火)

「サイバー・フィジカル社会におけるディスプレイ技術」

東京農工大学 大学院工学研究院
 教授高木 康博 氏
(内容)
   今後のサイバー空間とフィジカル空間の融合において、ディスプレイが果たす役割は今まで以上に重要になると考える。ただし、以前のようにハードウェアの性能向上を目標としたものではなく、人間との融合を強く意識したディスプレイの研究開発が必要になる。人間と融合するディスプレイ技術として、本セミナーでは、目の中に入れて用いるホログラムコンタクトレンズ 、人の表情表示に適したライトフィールドディスプレイ、視覚疲労を低減する超多眼ヘッドマウントディスプレイ、究極の立体表示技術であるホログラフィーについて取り上げて議論する。
No.471

8/16
(火)

光ディスク技術を用いたフローサイトメーターシステム

ソニー株式会社 メディカルビジネスグループ
 統括部長古木 基裕 氏
(内容)
   近年の目覚ましいライフサイエンス進歩により、不均一な細胞集団から、個々の細胞情報を、抗体多色標識にて高速かつ定量的に解析することが求められています。さらに高精度な細胞分取・分離の実現が、遺伝子・細胞治療領域で期待されています。フローサイトメーターは唯一この要求を満たすことができる原理を備えていますが、複雑で使いにくく、再現性が乏しいという課題を抱えていました。今回、ソニーのフローサイトメーターは、光ディスクで培った優れた技術を利用することで、これらの課題を解決し、さらに性能を飛躍的に向上させられることが可能となったので、それらの技術と効果をご紹介致します。
No.472

9/27
(火)

「シリコンフォトニクスとLiDARの最新動向」

横浜国立大学 大学院工学研究院 知的構造の創生部門
 教授馬場 俊彦 氏
(内容)
シリコンフォトニクスは半導体インフラを利用して高度で大規模な光集積を実現にする。この10年間で世界的に普及し、通信、センサをはじめ様々な分野への応用が検討されているほか、物理研究のツールとしても利用されている。本講演はこの状況を概説した後、自動運転等の用途で開発が加速している光レーダ(LiDAR)にフォーカスする。まず、LiDARの各種の方式と応用、世界の開発状況などを紹介する。さらに機械部品を使わないシリコンフォトニクスFMCW方式LiDARに注目し、代表的な機構である光フェーズドアレイ、フォーカルプレーンアレイ、スローライト回折格子の構成、利点と欠点などを比較する。そして、特にスローライト回折格子を用いたFMCW LiDARの現状について、詳しく説明する。
OITDA