光産業技術マンスリーセミナー


(2022年8月19日更新)


 協会では、光産業・技術の普及事業の一環として光産業技術に関連する幅広い専門家を講師に迎えて、内外のトピックスや最新の情報を分かりやすく解説していただく、マンスリーセミナーを定期的(通常、毎月第3火曜日)に開催しております。
 今後のプログラムは以下の通りです。
No.472

9/27
(火)

「シリコンフォトニクスとLiDARの最新動向」

横浜国立大学 大学院工学研究院 知的構造の創生部門
 教授馬場 俊彦 氏
(内容)
   シリコンフォトニクスは半導体インフラを利用して高度で大規模な光集積を実現にする。この10年間で世界的に普及し、通信、センサをはじめ様々な分野への応用が検討されているほか、物理研究のツールとしても利用されている。本講演はこの状況を概説した後、自動運転等の用途で開発が加速している光レーダ(LiDAR)にフォーカスする。まず、LiDARの各種の方式と応用、世界の開発状況などを紹介する。さらに機械部品を使わないシリコンフォトニクスFMCW方式LiDARに注目し、代表的な機構である光フェーズドアレイ、フォーカルプレーンアレイ、スローライト回折格子の構成、利点と欠点などを比較する。そして、特にスローライト回折格子を用いたFMCW LiDARの現状について、詳しく説明する。
No.473

10/25
(火)

IOWN実現に向けたIII-V/Si光集積デバイスの研究開発

日本電信電話株式会社 先端集積デバイス研究所 機能材料研究部
 上席特別研究員松尾 慎治 氏
(内容)
   NTTは、「IOWN」(アイオン:Innovative Optical and Wireless Network)という新しいネットワーク構想を発表し研究開発を進めている。この構想を実現するためには光デバイスの高性能化・低消費電力化・低コスト化が重要であり,これらの課題の解決に向けてシリコンフォトニクスデバイスとInP系化合物半導体デバイスが高密度に集積した光集積回路の開発を行っている。NTTで開発しているメンブレン光デバイスは構造がシリコンフォトニクスデバイスと類似しているため集積化が容易,また,Si基板上でのInP系半導体の再成長が可能という特長から高密度なヘテロ集積光回路を作製するのに適している。講演ではこれまでに得られた成果を中心に紹介するとともに今後の研究開発の方向性について述べる。
No.474

11/15
(火)

「量子雑音マスキングによる暗号化光ファイバ通信システム」

玉川大学 量子情報科学研究所
 教授谷澤 健 氏
(内容)
   Society5.0を支える基盤として、光ファイバ通信は大きな役割を担っている。光通信システムは大容量・長距離化に向けて技術革新が進んでいる一方、高いセキュリティーの実現はシステムに新たな価値をもたらす。本セミナーでは、光ファイバからの盗聴を防ぐために光信号レベルで暗号化を行う、Y-00光通信量子暗号の研究を紹介する。この暗号では、共通鍵を用いて多値信号変調を行うことにより、量子(ショット)雑音の影響で盗聴者が誤りなく受信できない状況を作り出す。光ファイバ通信の高い通信性能(大容量・長距離)を損なうことなく、高い安全性を実現できる特徴がある。講演では、研究背景を紹介した後に、この暗号化方式の原理と特徴を説明する。そして、我々のグループを中心として、近年の研究成果を紹介する。

*** 過去のプログラム紹介 ***
2022(No.467- ) 2021(No.455-466 ) 2020(No.448-454) 2019(No.431-442)
2018(No.419-430) 2017(No.407-418) 2016(No.395-406) 2015(No.383-394)
2014(No.371-382) 2013(No.359-370) 2012(No.347-358) 2011(No.325-346)
2010(No.320-334) 2009(No.308-319) 2008(No.296-307) 2007(No.284-295)
2006(No.272-283) 2005(No.260-271) 2004(No.248-259) 2003(No.236-247)


光産業技術マンスリーセミナー 参加要領

  • 会 場:オンライン開催(Webex)

  • 定 員:90名

  • 時 間:15:30〜17:30

  • 参加料:(銀行振込でお支払いください。)
    • 光協会賛助会員:1,500円(1回につき・消費税込み
    • 一般:3,000円(1回につき・消費税込み
    • 大学・公的機関:無料(学生・院生含む)

  • 申込方法:以下の事項をご記入の上、事務局(mly@oitda.or.jp)までメールでお申込み下さい。
          参加No.:第  回
          開催月日: 月 日
          企業・団体名:
          区分(一つ選択):賛助会員、賛助会員の完全子会社、一般、大学・公的機関(学生・院生を含む)
                   完全子会社の場合、親会社名:
          部署名:
          氏名:
          ふりがな:
          電話番号:
          Eメール:
          配布資料送付先住所・宛名:(郵便番号も):
          コメント:

  • 申込締切:開催日の1週間前、または、先着順にて定員になり次第締め切ります。
    • 先着順による締め切りはWeb上にその旨掲載いたします。
    • 事前にお申込みを頂いていない場合は、ご参加をお断りすることがありますので予めご了承ください。
    • 問合せ先:ご不明な点等がございましたら、下記事務局までお問い合わせください。
        事務局:一般財団法人光産業技術振興協会 マンスリーセミナー担当 瀬戸山・村谷
             TEL 03-5225-6431
             FAX 03-5225-6435

    Copyright(C) OITDA All Rights Reserved.