Optoelectronics Industry and Technology Development Association

 ■光産業技術の発展

    光産業技術は21世紀社会の発展の主役のひとつになると言われており、情報通信、ディスプレイ・照明、 情報記録、情報入出力、レーザ加工、センシング・計測、医療、農業等での活用を通じて、 様々な産業において新たな付加価値を創造し続けることが期待されています。
    さらに、地球環境問題・エネルギー問題の解決、食の安全の確保を始めとする安全安心な社会の実現に 大きく貢献できるものと考えられています。
    日本の光産業は、国内生産額約7兆円規模の一大産業に成長しており、光技術の絶え間ない革新に支えられ、 今後も引き続き、大きく発展していくものと思われます。
 ■協会運営の基本方針

    一般財団法人光産業技術振興協会では、今後の社会を支える 光産業技術にかけられた強い期待に応えるべく、光技 術・光産業の調査研究、技術開発の推進、標準化の推 進等積極的な事業活動を行っています。

 ■組織図